『ドリームバスケットボールキャラバン18-19 沖縄ラウンド』レポート

12月8日(日)に、精神障がい者バスケットボール交流会『ドリームバスケットボールキャラバン18-19IN沖縄』を実施しました。

イベントに参加した日本ドリームバスケットボール協会の坪井理事からのレポートを、ご紹介させていただきます。

目次

坪井理事より

『ドリームバスケットボールキャラバン18-19IN沖縄』に、エーネン大阪から代表と競技性チーム主将の二人で参加してきました。

まずは主将の講演から。

初めての経験とのことで緊張している様子でしたが、彼の人間性が滲み出た、心うたれる素晴らしい講演だったと思います。

沖縄の当事者の方から

「話を聞いて勇気が出た」

「沖縄にもチームを作りたい。どうしたらいいですか?」

と声をかけられており、普及活動や当事者の声を届けることの大切さを実感しました。

その後は、フリースロー大会(景品は琉球ゴールデンキングスのシャツや熊本ヴォルターズの並里祐選手のサイン入りシャツなど超豪華!)や試合を行い、和気あいあいと楽しくバスケをすることができました。

モチベーションの高い良いプレーヤーも多かったので、この日のキャラバンが沖縄にチームができるきっかけになればと願っています。

ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。

(JDBA理事 坪井啓介)


ご参加の皆様、お疲れ様でした!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる